会社概要

社名タマムラデリカ株式会社
本社所在地〒370-1104 群馬県佐波郡玉村町上福島 611-1
お問合せ先電話:0270-65-0711 FAX:0270-65-1170
設立平成3年3月
創業平成3年6月
代表取締役伊勢 俊太郎
資本金1000万円
従業員数493名(平成29年2月)
事業内容セブン-イレブン向けの調理麵・軽食・惣菜等の開発・製造
主要取引先株式会社セブン-イレブン・ジャパン
主要取引銀行東和銀行、群馬銀行
アクセス

大きな地図で見る

会社沿革

平成 03年 03月設立
平成 03年 06月創業 セブン-イレブン向け 調理麵製造スタート
平成 07年 03月セブン-イレブン向け 軽食製造スタート
平成 16年 12月セブン-イレブン向け おせち製造スタート
平成 17年 02月セブンミールサービス向け 調理麵・軽食製造スタート
平成 18年 12月農業生産法人 株式会社TGF(タマムラグリーンファーム) 設立
平成 19年 03月「ぐんま地産地消協力企業」登録 群馬県産小麦使用麺の商品開発
平成 19年 08月美野里フーズ株式会社 提携
平成 26年 11月タマムラデリカ株式会社 佐野田沼工場 設立
平成 27年 04月タマムラデリカ株式会社 第二工場 創業
平成 27年 05月玉村道の駅「Tama亭」食堂 開店
平成 27年 08月美野里フーズ株式会社 合併(社名変更「タマムラデリカ株式会社 美野里工場」)

経営理念

「基本の徹底と変化への対応のものつくりのこころ」
「基本の徹底と変化への対応」、常にお客様の立場に立って商品を作り、食された喜びを感じられる社風をモットーにしています。 その為にも、日々の仕事が楽しく、やりがいのある職場でなければ実現できません。
ひとりひとりが基本ルールを理解し、やらされている仕事ではなく、考えた仕事に取り組む姿勢を持ち、 日々何万食もの商品がお客様に食され、喜ばれ、評価されていることを知り、その使命の尊さを自覚し、 ひとりひとりのものつくりの心により食品会社は成り立っています。
安心・安全・安定供給のものつくりを継続するためにも、働く社員、ひとりひとりが基本の徹底、基本ルールの励行にあたり、 だれでも見てわかる仕組みつくりをこころがけ、お客様を第一に考えた商品作りをモットーに、報告・連絡・相談を徹底し、 知恵と工夫のチームワークつくりで、健康で楽しく豊かな社会を目指します。

経営構想

北関東のセブンイレブン約1600店舗へ「良い商品の安定供給」が可能な運送体制を構築し、
グループ3社で麺類(そば、うどん、中華)の製造分担を行い、製造効率向上、原材料ロス削減を目指しています。

  1.品質向上
    そば・うどん・中華を工場単位で開発、設備のインフラ整備
  2.物流効率改善
    製造商品分担による生産効率改善、原材料ロス削減

衛生管理

タマムラデリカでは、HACCPシステムの手法に基づき、「安心・安全」を第一に考えた品質基準を設定し、品質・衛生管理を徹底しております。 HACCPシステムとは、Hazard Analysis(危害分析) and Critical Control Points(重要管理点)の略で、食品の安全性を確保する衛生管理システムのことです。 このシステムは、製造、加工、調理等の過程で、発生する危害を分析し、その危害を抑え込む方法を決め、その方法を継続的にチェックすることで、安全な食品を作りだそうとするものです。 当社でも平成17年に、日本デリカフーズ協同組合のHACCP認定を取得し、「安心・安全」な商品をお客様に提供しています。

福利厚生

弊社従業員独身寮の1階を全面改築し、2018年1月に事業所内託児所「FACE」を開設しました。
主にタマムラデリカで働く方を対象とし、お子様を安全で快適な施設環境でお預かり致します。
施設内には調理室を備え、常勤の管理栄養士による手作りの離乳食やお食事を提供します。

ご利用案内
 施設名称: タマムラデリカ キッズルーム「FACE」
   住所: 〒370-1104
       群馬県佐波郡玉村町上福島495
       デイリーヒルズ101号室

 利用時間: 8:30~18:30(延長可)
   定員: 12名
   料金: 1時間50円(食事代、おむつ代は会社負担)
   対象: 生後6カ月~小学校入学まで(本社工場、第二工場、
       道の駅「玉村宿」で働く方のお子様が対象)

 お問合せ: 0270-65-0711(本社総務部まで)